地域医療連携基盤 Comlavie

株式会社システム計画研究所

機能の詳細

Comlavieに搭載されている機能についてご紹介します。

患者名寄せ 同一患者の紐付けをサポートします。
利用者一元管理 施設/利用者情報を他システムと同期します。
患者一覧・受診歴 複数の地域連携システムの情報を集約/表示します。
検査・診療予約 検査や診療の予約が可能です。(*1)
電子紹介状連携 紹介状を連携施設間で送受信します。(*1)

詳細は、各機能名をクリックしてご覧ください。

*1:本機能は、ID-Link(*2)のカスタムリンクからも利用可能です。
*2:ID-Linkは、株式会社エスイーシーの登録商標です。

  • 患者名寄せ

    • 複数の地域連携システムに登録された患者情報を収集し、同一患者を地域患者IDで紐付け(名寄せ)、一意に管理します。
      ネットワークを運営する事務担当者の負担を軽減するため、様々なシナリオを想定した名寄せ機能をご提供します。

      運用シナリオ

      • 登録済みの患者に新規の患者を検索して名寄せ
      • 登録済みの患者同士の名寄せ
      • 新規の患者同士を名寄せして登録
      • 氏名などの条件をもとに自動検出した候補からの名寄せ
      患者名寄せ 画面イメージ
      患者名寄せ 画面イメージ
  • 利用者一元管理

    • 地域医療連携ネットワーク内の施設/利用者の情報を一元管理します。
      施設/利用者情報の登録や更新を各地域連携システムに通知するため、同じ情報を各システムに登録する必要はありません。これにより、事務局担当者の作業負荷を大幅に軽減することができます。

      また、紐付け(名寄せ)機能により、複数の施設に所属する利用者を、一元管理することができます。
      これにより、利用者は単一のアカウントでログインすることができます。

      利用者一元管理 画面イメージ
  • 患者一覧・受診歴

    • 患者名寄せ機能で地域患者IDを付番された患者の一覧を表示します。
      患者を選択すると、受診歴を表示します。受診した施設が、異なる地域連携システムで情報開示をしていても、受診歴では区別なく表示します。
      施設を選択すると、その施設が情報開示している地域連携システムを起動します。
      施設がどのシステムを使って情報開示しているかを意識せずシームレスにご利用になれます。

      患者一覧・受診歴 画面イメージ
  • 検査・診療予約

    • 紹介先施設の検査や診療科の予約が可能です。
      予約を行う際は、Comlavieで管理している患者情報が入力フィールドに自動でセットされるため、少ない操作で予約の申込みが完了します。
      診療情報提供書(PDF形式)を作成する機能も搭載されています。

      予約を受け付ける施設では、検査や診療科、予約枠等の設定変更を自由に行えます。

      ※本機能は、ID-Linkのカスタムリンクからも利用可能です。

      予約 画面イメージ
      予約 画面イメージ
  • 電子紹介状連携

    • 紹介状(診療情報提供書:PDF形式)を、施設間で送受信する機能です。
      紹介状を送信する際は、Comlavieで管理している患者情報が入力フィールドに自動でセットされるため、少ない操作で送信処理が完了します。
      紹介状の一覧画面では、送信・受信区分と既読・未読が一目で区別できるよう、異なる背景色で表示します。

      ※本機能は、ID-Linkのカスタムリンクからも利用可能です。

      電子紹介状連携 画面イメージ
このページの上部へ